記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ルーラー考察第3回・アリスクラスタ】七王編③

はーい、七王編は今回が最後です
一気に3つ紹介しまっす

レザード

ルール改訂により存在意義を問われていた詠唱待機エリアの存在。
それに一石を投じたルーラー。
新能力である潜伏を利用し、J時には詠唱待機エリアにあるカードの枚数でステータスが変わり、ルーラー面ではデッキのカードを墓地へ送る効果を持ち、リアニメイトや不死王の屍術とのシナジーが濃い。
デスサイズを使うことでダメージを与えた相手のリゾネイターを奪うという吸血鬼らしい動きも可能である。
神技との兼ね合いで基本的に墓地を肥やし手札も溜め込まず詠唱待機や潜伏で戦うような構築にせざるを得ないため、構築の幅はプリシアほどではないが狭まってくる。
詠唱待機を処理する札は少ないのでJが大型になりやすいのは利点か。
潜伏してさえいればペルセポネをつかいノーコストでメフィストやアーサーの召喚が可能。
レザードデッキ


マキナ
アリスクラスタが2弾まで発売され、無色のリゾネイターが増えたことで一気に化けそうなルーラー。
ルーラー時の効果で、1ターンに1度余ったウィルを使ってそれと同じコストの無色のカードをサーチできる。
これにより無色のカードならばデッキに1枚指すだけでも容易にサーチが可能。
無色中心で戦うため、魔石デッキの事故の心配もないが、緑中心で固めてマナ加速していったほうが安定して戦えると思われる。
マリーベルが3コストで1000/1000のリゾネイターになるというのも注目。
無色を並べて神技と機王の進撃でドヤ顔キメよう。
マキナデッキ


プリシア
四聖を出す時の色縛りを気にする必要なく、四聖の角笛を設置することで軽いコストで四聖のリゾネイターを場に出すことが可能。
魔石が溜まると神技でデッキの四聖を場に出せる。
アリスクラスタ2弾の出現で緑に優秀なダメージソースを作れるカードや獣が増えたこともあり、四聖という縛りではなく獣を軸として組む方が現実的ではあるか?
プリシアデッキ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:うにゅさん
うにゅさんですどうも!
このブログでFoW(フォースオブウィル)について、つらつらとおもったことやデッキ構築などなど書いていきます!

最新コメント

カテゴリ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。